倒れる前に熱中症対策!!

倒れる前に熱中症対策!!

こんにちは!

RAGU plus(ラグプラス)の齋藤です。

夏の日差しが強くなり始めた今日この頃、

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

お店を構える滋賀県草津市の本日の最高気温は

なんと、、、36度!!

倒れる前に熱中症対策!!

お隣の京都に関しては体温より高い38度と

猛暑の予報が出ています。非常に暑いですね。

この猛暑の中、心配されるのが熱中症です。

 

普段外で運動している私にとっては

毎年この暑さを乗り越えるのが必至です。

学生時代には熱中症で3回も救急車に(笑)

倒れる前に熱中症対策!!

さらに今年はコロナウイルス対策としてマスクを

着用して行動される方も多いので

例年よりも熱中症が心配されています。

そこで本日は当たり前のようで

意外と出来ていない熱中症対策

ご紹介したいと思います!

 

熱中症対策の基本

①水分補給

これは熱中症対策になかで1番耳にされる方が

多いと思います。しかし、意外と

「水分をとってたつもりだったけど、しんどくなった」と

いう方も多くいらっしゃるのでは

ないでしょうか?

 

実はただ水分を取っているだけではいけないのです。

汗としてカラダの外に出た水分には

塩分を多く含んでいます。

そのためカラダを動かすエネルギーも

一緒にカラダの外に出されているので

スポーツ飲料水のような塩分を含むものを摂取しないと

カラダを動かすエネルギー補給にはならないのです。

 

②暑い場所を避ける

といっても、なかなか避けられないのが夏です。

ただ意識するだけで対策はできます。

例えば日陰の利用です。

同じ道を歩くにも、日陰のある場所を歩くことや

長時間外にいてもこまめに日陰で休憩をとることで

予防をすることが出来ます。

また帽子や日傘の利用することで

直射日光を避けることが出来ます。

 

③体の異常を感じたらすぐに対応

熱中症は倒れてからでは遅いです。

異変を感じたらすぐに活動をやめて

涼しい場所で水分をとり休息をとりましょう。

濡れている衣服は着替え、衣類は緩め

カラダをリラックスさせます。

カラダを冷やすために水をかけたり

氷などで太い血管が通っている首や脇

足の付け根などを冷やしてあげると効果的です。

 

④暑さに負けない体力づくり

予防が一番重要です。

熱中症になってからでは遅いのです。

日頃から暑さに負けない体力づくりを

することが大切になってきます。

エアコンの効いた部屋でじっとしているだけでは

外に出た時にカラダが付いてきません。

少しでも暑さに慣れ負けないように、

適度な運動を心掛けましょう。

 

まとめ

長々とお話してきましたが、

熱中症はなってしまってからでは遅いということです。

そのためには日頃から暑さに負けないカラダの準備が

必要不可欠となってきます。

かといって外で運動するには体力がなさすぎる、、、

と心配の方も当然いらっしゃると思います。

そんなときにオススメするのが

ここ滋賀県草津市にあるパーソナルジム

RAGU plus(ラグプラス)です。

パーソナルジムなので涼しい空間で

なおかつ密集を避けて運動をすることが出来ます。

倒れる前に熱中症対策!!

そして時短マシンを利用しているので

ジムに長期滞在が不要です。

倒れる前に熱中症対策!!

ケアのためにも安心してご利用ください。

30分体験も実施中です。この機会に是非、お越しください!!

お待ちしております!

 

どなたでも1対1でトレーニングからケアまでできるスタジオ

RAGU plus(ラグプラス)

まずは体験を!!!

☆無料体験&施設見学受付中☆

【営業時間】

10:00~20:00(火・水)

10:00~21:00(木・金)

10:00~18:00(土・祝)

定休日 ⇒ 日・月

↓RAGUplusホームページ(滋賀県草津市)↓

↓RAGU+N°ホームページ(北海道札幌市)↓

RAGU+N゜ラグプラスノース【公式】

関連記事

  1. 細い筋肉と太い筋肉の違い
  2. パワープレートは筋肥大効果はある?ない?
PAGE TOP