質の高い休息を得るために知っておくべき自律神経とは?

こんにちは!

滋賀県草津市にあるパーソナルパワープレートスタジオ RAGU plus(ラグプラス)です!

仕事から帰ってきてもなかなか疲れが取れない、十分な睡眠時間を確保しているのに仕事でなかなか集中力を

維持できない、というようなお悩みを持ってらっしゃる方は結構多いのではないでしょうか?

そんな悩みを持っている人が知っておくべき、身体の休息に深く関係する自律神経についてお話します。

 

自律神経とは

自律神経とは内臓や血管などに作用しそれらの働きをコントロールすることによって

体内の環境を整える役割を持つ神経系です。自律神経には2種類あり、交感神経副交感神経があります。

交感神経は動物が活動している間に活発に働いている神経です。「闘争・逃走反応」と言われるように、

動物が危機に瀕した時に最適な行動を取れるように体調をコントロールします。言わば「スイッチオン」

状態になるのがこの交感神経が働いている時です。

逆に家でくつろいでいる時や睡眠中に副交感神経は働き、体をリラックスさせ内臓などが休息する環境

を整える役割を担っています。

この2つはどちらか一方が交互に働いているのではなくお互いがバランスを取り合い、

どちらかが優位に働けば体調に変化が現れます。なので厳密には、活動時には交感神経が優位、

休息時には副交感神経が優位、というような表現になります。

 

交感神経の働き

先ほど交感神経は身体を活動状態にする役割があるとお話しましたが、では具体的には

身体にはどのような変化が現れるのでしょうか?

・血圧上昇

・心拍数増加

・気管拡張

・消化抑制

・瞳孔の拡大

 

僕たちが起床したタイミングで交感神経は優位になりますが、活動を行っていくうえで、

視覚情報をより取り入れるために瞳孔を開き、全身にしっかりと血液を送るために心拍数と血圧が上昇します。

逆に副交感神経が優位になるとこれらの逆の反応が起こり、身体を休息モードにします。

 

これらの変化は交感神経と副交感神経がバランスを取れていればごく普通の反応なのですが、

忙しない生活を送る現代人は常に「興奮」、「緊張」、「ストレス」を感じているので、交感神経

ばかりが過剰に働いてしまい、きちんとした休息を取れていません。

 

たとえ家でくつろいでいたとしても、きちんと寝ていたとしてもそのタイミングで交感神経が優位に

なっていればそれは「休息」とは言えません!

 

真の休息を得る方法

真の休息を得るためのポイントは「副交感神経を優位にする」ことに加え、「交感神経を活発にする刺激を避けること」です。

副交感神経を優位にする方法は、

寝る前の軽いストレッチ

・適度な運動(30分程度のジョギングなど)

・ぬるま湯につかる(38℃〜40℃)

・腹式呼吸

・アロマ

・笑い

などがあります。適度な運動はその最中には交感神経が優位になりますが、一度しっかりと交感神経を刺激することで

メリハリがつき、その反動で運動後にはだんだん副交感神経が優位になってきます。

逆に交感神経を過度に刺激してしまう負荷の高い運動(筋トレなど)はリラックスしたいタイミングや寝る前には避けましょう。

他にも

カフェイン

・光(スマホやテレビなども含む)

・熱いお風呂

・視覚や聴覚からの情報

などは交感神経を優位に働かせ身体を活動モードへと切り替えてしまいます。これらの刺激物を避けて交感神経の働きを制御しつつ、

副交感神経を刺激し生活の質を上げる真の休息を得る習慣を身につけていきましょう!

 

 

 

RAGU plusでは一人一人に合ったエクササイズやケアを提供しています。

ぜひ一度30分無料体験を受けてみてください!

元気なスタッフがお待ちしています!!

私たちと共にトレーニングして運動不足を解消しましょう!!

スタッフ一同心からお待ちしております!

どなたでも1対1でトレーニングからケアまでできるスタジオ

RAGU plus(ラグプラス)

まずは体験を!!!

☆無料体験&施設見学受付中☆

【営業時間】

10:00~20:00(火~金)

10:00~18:00(土・祝)

定休日 ⇒ 日・月

↓RAGUplusホームページ(滋賀県草津市)↓

↓RAGU+N°ホームページ(北海道札幌市)↓

関連記事

  1. 30分無料体験の中身を大公開!!
  2. RAGUplusで販売開始!!新型コロナウイルス抗体検査キットとは!?
  3. 今年最後のキャンペーン⁉
PAGE TOP