GI値について

「食べても太らない」~GI値について~

皆さんこんにちは!滋賀県パーソナルジム「RAGU plus」スタッフの横江です!

もう夏も終わり、段々気温も下がって秋っぽい季節になってきましたね。秋といえば「食欲の秋」という言葉があるように、食べ物が美味しい季節です。ついつい食べ過ぎてしまう人もおられるのではないでしょうか?

太らない為にも、せめて太りにくい食べ物を選んでいきたい所、、

そこで今回は太りにくい、太りやすいの指標となる「GI値」を紹介していきたいと思います。

~まず「GI値」って何?~

GIとは食後血糖値の上昇を示す指標、グライセミック・インデックス(Glycemic Index)の略です。

簡単に言うと、食べたものでどのくらい血糖値が上がるのかを表すものです。

一般的にGI値の低い食品は、血糖値が急激に上がることの抑制効果が期待できる食品といわれています。逆にGI値の高い食品は、血糖値を急に上げてしまうことになります。

例えば、

・GI値が高い食品

白米 イラスト素材 - iStock

→白米、食パン、コーンフレークなど

・GI値が普通の食品

蕎麦・かけそばのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

→うどん、そば、小麦粉、パン粉など

・GI値が低い食品

玄米ごはんのイラスト - 無料イラストのIMT 商用OK、加工OK

→オールブランシリアル、玄米、ライ麦パンなど

があります。

~最後に~

ポイントは白色はGI値高めなものが多くて、茶色など食物繊維が多く含まれているものはGI値低めのことが多いです。

また、低GI値(血糖値を上げにくい食品)には「肉、魚などのタンパク質」「チーズ、牛乳などの乳製品」「デンプン質以外の野菜」などが挙げられます。逆に高GI値はシンプルに「炭水化物」です。(笑)

これだけ聞くと「炭水化物を抜けばよくない?」と思われる方が多いと思います。ですが炭水化物は身体を動かす上で大切なエネルギー源の役割があります。なので、『抜く』ことより何を食べるか『選ぶ』ことを重視するのがオススメです。

このブログを読まれた方も、一度『GI値』を意識してみてはいかがでしょうか。

 

 

RAGU plusでは一人一人に合ったエクササイズやケアを提供しています。

ぜひ一度30分無料体験を受けてみてください!

元気なスタッフがお待ちしています!!

私たちと共にトレーニングして運動不足を解消しましょう!!

スタッフ一同心からお待ちしております!

どなたでも1対1でトレーニングからケアまでできるスタジオ

RAGU plus(ラグプラス)

まずは体験を!!!

☆無料体験&施設見学受付中☆

【営業時間】

10:00~20:00(火~金)

10:00~18:00(土・祝)

定休日 ⇒ 日・月

↓RAGUplusホームページ(滋賀県草津市)↓

↓RAGU+N°ホームページ(北海道札幌市)↓

RAGU+N゜ラグプラスノース【公式】

関連記事

  1. RAGUplusで販売開始!!新型コロナウイルス抗体検査キットとは!?
  2. 身体を正しく使って①
PAGE TOP