お酒とトレーニングの関係性

皆さんこんにちわ!!滋賀県パーソナルジム「RAGU plus」スタッフの長屋です!

今回はお酒とトレーニングの関係性についてお話ししたいと思います。

お酒は一日適量だったら身体に良い、むしろ毎日適量飲酒する人は、全く飲まない人と比べて心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡率が低い傾向にあると言われています。

では、お酒はトレーニングとの関係性はどうなのか。今回ご紹介していきます!

筋トレ後にお酒を飲むのはNG?体への影響と適切な量をトレーナーが解説 | RETIO BODY DESIGN

<お酒は筋肉の成長を妨げてしまう>

○ テストステロンの分泌量減少

筋トレを行うことでテストステロンを分泌します。テストステロンは筋肉や骨を形成する大事なホルモンです。お酒を飲むと筋肉の修復に使われるたんぱく質がアルコールの分解に使われてしまうので、筋トレの効果が薄くなってしまい筋力増量作用のあるテストステロンが減ってしまいます。またアルコールは肝臓で代謝が行われますが、その際たんぱく質を利用して代謝が行われます。筋肉を修復するのに必要なたんぱく質が行き届かずにアルコールの代謝で消費されてしまいます。

○ コルチゾールが増加

コルチゾールはストレスホルモンといわれており、ストレスを受けた時にコルチゾールの分泌が増えます。また、コルチゾールには血糖値をコントロールする働きがあり、エネルギー源の糖を生成するために筋肉を分解して糖を作るという作用があります。アルコールを摂取することによりコルチゾールが分泌されて今ある筋肉を分解して糖を作ろうとしてしまい、筋肉を分解する作用があるためアルコールを摂取すればする筋肉が減り筋トレの効果も感じにくくなってしまいます。

<お酒と筋トレの上手な付き合い方>

○ 飲む前にプロテインバーを!!

プロテインはたんぱく質を効率よく為のものです。筋肉の成長やアルコールの分解に必要なたんぱく質を手軽に摂る事が出来ます。また、噛んで食べるプロテインなら、ほど良く満足感が得られアルコールの吸収もゆっくりにしてくれます。

○ たんぱく質多めのおつまみ選びを!!

お酒にはおつまみが欠かせないという方が多いと思います。筋肉への影響を抑えつつお酒を飲むためにはたんぱく質多めのおつまみを多く摂る事がおすすめです!冷奴、枝豆、お刺身、ししゃもなどがおすすめです。

◯ 水分多めに!!

アルコールの分解には水分も使われます。さらにアルコールには利尿作用がある為体内の水分が排出されやすいです。人間の体の半分以上は水で出来ていて、筋肉に栄養を運ぶ血液にもたくさんの水分が含まれているので、水分が足りないと筋肉に十分な栄養を運ぶことが出来ず筋肉の成長を妨げてしまうことになります。

〜最後に〜

トレーニングをした後に飲む量やタイミングを間違えると筋肉の成長の妨げになります。トレーニング後にお酒を飲む際は上記でお伝えしたポイントを押さてみてください。トレーニングもお酒も程々に楽しみましょう!!

 

私たちと共にトレーニングして運動不足を解消しましょう!!

スタッフ一同心からお待ちしております!

どなたでも1対1でトレーニングからケアまでできるスタジオ

RAGU plus(ラグプラス)

まずは体験を!!!

☆無料体験&施設見学受付中☆

【営業時間】

10:00~20:00(火~金)

10:00~18:00(土・祝)

定休日 ⇒ 日・月

↓RAGUplusホームページ(滋賀県草津市)↓

↓RAGU+N°ホームページ(北海道札幌市)↓

RAGU+N゜ラグプラスノース【公式】

関連記事

  1. パワープレートは筋肥大効果はある?ない?
PAGE TOP